多くのシーンで

アロマのビン

鍼灸とは、東洋医学から生まれたもので、神経痛やリウマチにも効果があると言われています。治療を受けるには、主に鍼灸院に行かなければなりません。症状によっては健康保険の取り扱いになる場合があるため、保険適用になる症状かどうかを治療院に確認してみると良いでしょう。健康保険を使用する場合は、鍼灸院の同意書が必要となり、かかりつけの病院にて鍼灸の治療が適当かを判断してもらい、必要事項の記入が必要です。保険適用外の症状であれば、実費利用になりますが、治療費は3000円から5000円位かかります。他には、整骨院・接骨院にて鍼灸を取り扱っている医院も存在します。その場合も鍼灸は実費となりますが、普段利用している治療院があれば確認してみましょう。

鍼灸治療を一番に臨んでいるのは、検査をしても異常が見つからないなどの不定愁訴を抱えている方ではないでしょうか。特に、高齢者の方は検査を受けても「歳のせいだから仕方ない」と言われて、まともな治療を受けないまま帰されてしまう事があるようです。鍼灸は、「原因は分からないけど何か調子が悪い」などの症状にも効果がある場合があるため、不定愁訴を抱えている方は一度治療を受けてみると良いでしょう。筋肉の慢性的な張り感などに効果があるのは有名ですが、神経疾患や運動器系疾患、呼吸器系疾患などにも効果があります。また、鍼灸には即効性があるため、スポーツ選手などの急性疾患に用いられることも多いです。炎症が出ている時の治療は限られてくるため、スポーツ現場では重宝されています。